Welcome

参考4 コレステロール(血管プラーク)の害

■コレステロールの害(血管プラーク) 

コレステロール(血管プラーク) の害はもつぱら血液がドロドロになり、血管壁に付着して動脈硬化の原因になり、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなるとされています。しかし、身体の痛みの原因であることはあまり知られていません。

 

ア、肩こり・背中・脚の硬化やコリ、痛み、有害金属と同じように身体全体にわたり筋肉が硬化する。コレステロール(血管プラーク) は筋肉の毛細血管に溜まって血流を悪くするので筋肉が硬くなり、コリや痛みの原因になっている。したがって揉んだり叩いたりしても痛みやコリは取れない。コレステロールを体外へ排泄することで解決できる。

 

、妙に疲れやすいと思ったら、(筋肉検査)で 疲労が確認できる。自律神経で(筋肉検査)が反応する場合は自律神経の中の血管にコレステロール(血管プラーク) が溜まってるので体外に除去すると疲労が回復する。

 

、コレステロール(血管プラーク) が溜まると身体中の血流が悪くなり、内臓疾患と冷えと体調不良の原因となる。

 

エ、腸動脈にコレステロール(血管プラーク) が付着すると便秘や下痢の原因になる。

 

、脳動脈や心臓動脈にコレステロール(血管プラーク) が付着すると脳梗塞や心筋梗塞の原因になる。

 

、貧血の原因は回腸動脈にコレステロール(血管プラーク) が付着して、血流を妨害するため、回腸の働きが悪くなり血の生産が減るため体内の血量が減る。

 

、コレステロール(血管プラーク) の発生原因は食事からは30%で70%はコレステロールコントロールが狂って大量のコレステロール(血管プラーク) が体内に蓄積する。痩せていてもコレステロールが多くて糖尿病になったり筋肉が硬くなるのはそのためである。

 

ク、薬品の副作用で発生する・・・降圧剤、睡眠導入剤、潰瘍性大腸炎の薬

 

ケ、一部のコーヒー、紅茶の飲み物で、多量のコレステロール(血管プラーク) が体内に入ることがある。(2点筋肉検査で確かめたい。

 

参考ー有害金属、ワクチン、薬害、社会毒に関しては内海聡医師著「薬が人を殺してる・大ウソ医学にだまされない極意・医学不要論等」参照、「コレステロールに薬はいらない、浜六郎著」、「薬があなたの体をだめにする<木櫛陽一著」

 

動脈硬化&コレステロールhttp://www.doumyaku-c2.jp/doumyakukouka/