Welcome

インフォメーション

2021-09-21 09:03:00

香川県が新型コロナまん延防止等重点措置の適用延長を国に要請するのを受けて当分の間休業いたします。

 

9月末日まで休業いたします。

 

尚、電話での相談及び遠隔施術は行っておりますのでご相談ください。


2021-08-15 16:56:00

香川県が新型コロナまん延防止等重点措置の適用を国に要請するのを受けて当分の間休業いたします。

8月末日まで休業いたします。

尚、電話での相談及び遠隔施術は行っておりますのでご相談ください。


2021-05-18 09:21:00

病気は質的栄養失調状態である!

○質的栄養失調とは>糖質過多、タンパク質不足、脂質不足、ビタミンミネラル不足でうまくATPがつくれない状態。

○糖質中毒で糖化ストレスといって細胞を弱くします。酒・たばこ中毒と同じです。

○糖質とは米、小麦、イモ類、砂糖類、果物です。

○糖質デメリットは血糖値、インスリン抵抗性、糖化ストレス、中毒性が強い、栄養失調(タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル不足)

栄養療法本 001.JPG栄養療法本 003.JPG栄養療法本 004.JPG栄養療法本 005.JPG栄養療法本 002.JPG


2020-10-30 09:19:00

癌に限らず病気になったのは必ず原因がある!なので原因をなくし今までの生活を改め癌化した細胞を正常細胞に戻す事です。

癌細胞の悪性腫瘍説は間違いで、ミトコンドリアの疲弊により細菌型の分裂に戻った原子細胞である。

ミトコンドリアが正常になれば癌細胞も正常細胞に戻る。

癌予防&改善

1、免疫力を低下させない、白血球の数が5000以下になると免疫低下状態。

有酸素運動、低体温低酸素解消、睡眠不足・過酷な生活解消

2、自律神経を整える

有酸素運動、低体温低酸素解消、ストレス・睡眠不足・過酷な生活解消

3、食生活改善

・特に電子レンジ使用、肉の焦げ、パン食、乳製品をやめる

・海藻・納豆・クエン酸・発酵食品は積極的に摂取

・アルコール、熱い食べ物は出来るだけ避ける

・白米を玄米か胚芽米に変える

・添加物、加工食品、農薬は避ける、細胞を食べる。

・ビタミンA・D・C、マグネシウム、リン、カリウムを充分に摂取

・糖分を控える、どうしても糖質を摂取する場合はココナッツオイル又は酢をまぶして摂取

4、温熱療法、光線療法、整体療法、温泉等で体を温める。

5、解毒療法(水、クエン酸、食物繊維)、温熱・光線・遠赤サウナで発汗

 

参考:がんの正体がわかった!  小林常雄著

   ガンは5年以内に日本から消える、その生活がガンなのです  宗像久男著

   ガン温熱免疫療法  吉川敏一著

   人が癌になる2つの条件、安保徹のやさしい解体新書  安保徹著

   ガン征服の新路線、続光線治療物語  黒田保次郎著

        可視総合光線両方実践治療報告書  黒田一明監修・光線研究所付属診療所著

   可視総合光線両方治療報告と症例集  黒田一明監修・光線研究所付属診療所著

   医者に見放されたらクエン酸  長田正松監修・ベーターライフクラブ著

   究極の免疫力  西原克成著

   


2020-10-28 09:43:00

階段の上り下りのような有酸素運動は、脂肪や糖質がエネルギーとして消費され「体内の悪玉コレステロール」や「中性脂肪」を減らす効果が期待できます。

有酸素運動は、善玉コレステロールを増やすこともできます!中性脂肪が減ると、善玉コレステロールが増えるという作用があるので、階段の上り下りは太りにくい体づくりに役立ちます!

階段の上り下りは下半身を動かすことがメインになります。太もも、ふくらはぎ、お尻の筋肉を使うことになるので、下半身を引き締める効果も高まります!

階段の上り下りは強度が高い運動ではないので、ほどよく筋肉をつけることで脂肪を燃焼しやすい状態を保てます。

又、冷え性やむくみが改善されるなどのうれしいメリットもあります!

階段昇降運動には万能薬のような作用がある。運動を続けることで、糖尿病や高血圧が改善し、心筋梗塞や脳卒中、腎臓病、がんなど、さまざまな病気の予防や改善につながる。

階段昇降はいつでも行え、しかも無料でできる。「いつでも身近にできる階段昇降が、血管や心臓を健康にする有益な選択肢になります。しかも時間的な効率の点でもメリットが多いのです」。

「階段昇降は、昼食後の休み時間に、家事の合間に、休みの日の自宅でも、すぐに取り組める運動です。実際にやってみると、階段を上るのはなかなかハードな運動ですが、呼吸を整える時間を取り入れれば、誰でも安全に効果的に取り組める運動になります」

階段昇降運動に体が慣れて余裕が出てきたら、本格的な「インターバル・トレーニング」を取り入れてください。具体的には「3分間ゆっくり歩く→3分間息が上がる程度に活発に歩く→また3分間ゆっくり歩いて呼吸を整える」という運動を繰り返します。

 

 


1 2 3 4 5 6 7