Welcome

インフォメーション

2020-03-14 10:54:00

気分が落ち込む、やる気が出ない、
イライラ、息苦しさ、動悸、息切れ
眩暈・やふらつき、倦怠感、
朝起きられない、冷え性、頭痛・・・

それは鉄分(fe)&タンパク不足かもしれません。
 日本女性の大半は、貯蔵鉄(フェリチン)が空っぽの状態で、
諸外国と比べても日本人の鉄不足は深刻です。
 多くの人が自分の鉄欠乏に気付いていない。
 地球上で最も多く存在する元素、鉄(Fe)。最初の生物、シアノバクテリアをはじめ植物も動物も、
鉄なしではエネルギー代謝を維持できず、神経伝達物質やホルモンの合成も滞ります。

参考: うつ・パニックは鉄不足が原因だった 、 薬に頼らず欝の治す方法 、 うつ消し ごはん、 全ての不調は自分で治せる 藤川徳美著

     鉄分取れれば元気できれいに!貧血改善レシピ、 今泉久美著

     女性の9割が鉄・マグ欠乏症、 後藤日出夫著

  

      

 

 

     


2019-12-24 09:36:00

最近、ボケてきたかも?」はクスリのせいだった!
降圧剤・降コレステロール薬・血糖を下げる薬から、風邪薬・胃薬など、
ごく日常で使うのに、記憶力・判断力をダメにするクスリがあります。

 ・降圧剤はなぜボケを引き起こすのか?
 ・胃薬でボケやせん妄が起こる
・ただのカゼ薬でボケてもいいのか
・血糖降下剤がボケ、脳死を引き起こす
・コレステロール低下薬のこわい副作用
・副作用が強すぎる、ボケ、不眠・不安のクスリ
・ワクチンで起こる脳障害
抗がん剤とケモブレイン
・オプジーボが引き起こすケモブレイン
・性ホルモン抑制療法がボケを生む
・鎮痛剤で死亡する
 ・クスリの相互作用の危険性(多剤服用)

参考:この薬がボケを生む ・ 薬にに殺されない47の心得、近藤誠 著

       薬で病気は治らない、蔡篤俊

       私は薬に殺される、 福田実 著

   薬は飲んではいけない 、船瀬俊介 著

   飲んではいけない薬 ・ 薬のやめ方事典、 浜六郎 著

   副作用その薬が危ない、 大和田潔 著

   その薬があなたお殺す、 小谷寿美子 著

 

 


2019-12-14 11:26:00

怪我のように原因がはっきりした痛みがある一方で、何が原因で起こってい入るのか分かりづらい痛みもあります。

痛みは大きく分けて

1、生命維持のための痛み。(侵害受容性疼痛)

怪我や病気で体のどこかが損傷を受けると、それを修復し、これ以上の危険を避けようと急激な痛みが生じます。

2、外見上の傷や障害が見当たらない痛み。(神経障害性疼痛)

神経の圧迫などにより神経が過敏に反応して、痛みを発生させます。坐骨神経痛、首痛、帯状疱疹、糖尿病の合併症に伴う痛みやしびれ、術後痛等。

3、心理的不安や負荷によって起こる痛み。(心因性疼痛)

強いストレスによって発生する頭痛や腹痛。

痛みの種類を整理すると、慢性痛の正体が見えてきます。

まず外傷などが原因でない、神経に障害が起きている可能性がある、古今路の不安などが痛みを起こしている可能性がある、細い神経線維が痛み得お伝えている。

多くの慢性病の原因は痛む場所にはないのです。

本来痛みは体からのSOSなのです。

必ず体のどこかが悲鳴を上げているサインです。即ちレントゲンMRIで見つけられないとすれば、今痛みのある場所以外のどこかで炎症や、痛みを起こす刺激が起きているはずです。

それを探り当てるのが脳反射検査なのです。

 

参考: 痛みを取る大事典 、帯津良一 著

    慢性病を治したければ歯科に行きなさい、 藤井佳朗 著

    ガンは助かる ・ ガンは助かる2 ・ ガン革命 、加藤清 著

    体の痛みで病気がわかる本、 塚本雄介・宮西ナオ子 著

    星状神経ブロック療法、 若杉文吉 著

 

 


2019-12-12 11:09:00
健康にこれが効くガンの痛みと薬 モルヒネ

四国新聞の記事より(健康にこれが効くガンの痛みと薬 モルヒネ)

●モルヒネなどを恐れずに適切な治療を施せば、
痛みに苦しむことなく、病院や在宅でも
通常に近い生活を送りつつ、治療ができる。

 参考:  がんの痛みをとる5つの選択肢 (洋泉社新書)                                                                                                                


2019-06-11 09:38:00

人間の体にはすばらしい自然治癒力がある! その仕組みを活かすために必要なことは?

医者にかかっているのに中々治らない慢性疾患を抱えている人、薬での対症療法に頼りすぎている人は一度、自分の病気の原因は何なのか?

どうして治らないのか?食べ物なのか?呼吸が悪いのか?体温が低いのか?を調べ、食事の習慣や生活全般を見直すことが必要ではないでしょうか。

病気は体のクセや偏りを知り、生き方の無理を正す機会でもあります。

自然治癒力を活性化するのはどうしたらいいのか?免疫力を強化するのはどうするのか?良く考えてみましょう。

参考: 長生きしたければ医者にかかるな、冨家孝著

    やってはいけない健康診断、近藤誠・和田秀樹著

    医学不要論、内海聡著

    大往生したけりゃ医療とかかわるな、中村仁一著 

    大往生したけりゃ医療とかかわるな介護編、中村仁一著 

    病気は自分で治す―免疫学101の処方箋:安保徹著

    隠れ脳梗塞は自分で治す、池谷敏郎著

      病気は自分で見つけて自分で治す、石原結實著

    自分の病気は自分で治す、石原結實著

    自分の病気は自分で治す、佳川奈未著

 


1 2 3 4 5 6