Welcome

自分で治す・・糖尿病

●一般的な2型糖尿病の原因は膵臓動脈の詰り&血流悪化でβ細胞が委縮しインスリンが出なくなり、血液中の糖分が増えることが原因。

糖分が増えると血液が粘くなり、毛細血管が詰まり、血流が悪くなり、特に網膜の血流が悪くなると最悪の場合失明する。

又、腎臓機能が低下する。下半身の血流が悪化し脚・趾が壊死する場合がある。

糖尿病と判明し10年~20年で症状が悪化する。

西洋医学では血糖の管理とカロリー制限だけでなかなか治らないので悲惨な最期が待っている。

治し方はまず、膵臓動脈の詰りの原因を調べる。

コレステロールの詰りなのか?血管の硬化なのか?血管の癒着なのか?を脳反射検査で調べる。

想念で、コレステロールの詰りは除去し、血管の硬化は柔らかくし、血管の癒着は剥す、β細胞に太陽エネルギーを注入する。

何回も背中をたたき膵臓を刺激し、再度想念でエネルギーを注入し、脳反射検査でOKになるまで続ける。

背中を叩いても痛みがなくなればOKである。又、β細胞も検査する。

グリコヘモグロビン値が高い場合は想念エネルギで血管の中から体外排泄する。

脳反射検査で正常にならなければ再度想念エネルギーを注入する。

約1時間程度で回復する。

 

●一型糖尿病は、非インスリン依存型と言われ、総胆管からの分泌物が膵管に流れず。膵臓機能が働かなくなり糖尿病になる。

原因は肝菅胆管に石が詰り分泌物が流れないのが大半である。

まれに胆嚢切除や肝臓不全で分泌物が出ないときがあるが大脳基底核に想念エネルギーを注入しホルモン分泌を促すとよくなる。

治療は肝菅胆管の石を想念エネルギーで粉砕し膀胱に流すと改善する。渕腋・蘭尾付近の神経切断があれば接続し、小腸にウィルスが発生していれば殺消し、尾状葉の迷走神経が切れていれば接続する。

但し、胆嚢と膵臓がない場合は治らない。

※ 西洋医学の糖尿病治療では治りません。

1糖尿病患者数.jpg糖尿病2.gif