Welcome

インフォメーション

2020-06-09 11:14:00

医師も看護師も病院も存在しない原始時代の人類や野生の動物は、病気をしたり怪我をすると、食べないか、発熱して病気を治してきました。

どんなに医療が発展しても、人間を含めた動物にとって病気を治す方法は食べ過ぎ、咀嚼不足、冷えを解消すれば病気にならないし、なっても治る。

空腹時には免疫力があがる。

人間も動物も、病気の時に食欲がなくなるのは、免疫力を上げて病気を治そうとするのである。

参考:病気のサインに早くきずけば早く治せる、 石原結實著

    半断食健康法、 石原結實著

    食べない健康法、 石原結實著

    超少食で女は20歳若返る、 船瀬俊介著

    できる男は超小食、 船瀬俊介著

    奇跡が起こる超少食、 甲田光雄

       若返る健康少食、 船瀬俊介著

    空腹こそ最強の薬、 青木厚著

    空腹が人を健康にする、 南雲吉則著